スポンサーリンク

陽キャ絵描きと、陰キャ絵描きと、SNSの話

ブログ

 

こんにちは!

鳴かず飛ばずで、気がつけば今年でデビュー5年目を迎えてしまう白森です。

おもむろにこのサイトを作ってみたり、日記を更新し始めたところからもお察しいただけるように、
ここ最近、わたくし白森の創作意欲はだいぶ回復傾向にあります!
(ほぼ2年間ツイッターを放置しツイ消ししまくる暴挙に出た女)

そろそろ同人活動も再開させたいなぁと思えるようになりました!!!

すごい進歩です!!!

 


 

私と同じように、漫画家・イラストレーターを夢見る少年少女は多いでしょう。

そんな方達に向けて、仕事歴は少ないのに失敗経験だけは無駄に積んで来た
わたくし白森からメッセージ…

もとい、自分にも言い聞かせる意味合いを込めて(悲しい)
今日のブログを書いていこうと思います。

 

【この記事でお伝えしたいこと】
・自分の性格にあった形で創作活動をしようね!
・寝ろ
・悪い大人に気をつけろ

 

とっても当たり前のことですね!

私の体験談をもとに書くので、もちろん当てはまらない人もいるかと思いますが、

生暖かい目でご覧いただければ!

 

スポンサーリンク

創作意識を失う4か条

漫画家・イラストレーターを夢見る読者諸君であれば、
もう何度も目にしてきた文言であろうが…

 

あえてここに書かせてもらおう!!!

創作意欲を失う4か条!!!

 

 

1:SNSでウケるものを狙って描く
2:フォロワー数を気にする
3:睡眠時間を削る
4:結果を急ぐ

 

上記4点を実行している諸君!

このままだと…

 

 

創作意欲、完全に消えるぞ

 

 

 

SNS信仰

負のスパイラル

 

そんな大げさなwwwww

と思った読者諸君。

 

 

大げさではありません。

本当です。

 

かくいう私も昔は

「絶対に私から創作意欲がなくなることはない」

と信じて疑いませんでした。

 

私より上手い人は腐るほどいるけど、世界で一番絵を描くのが好きなのは私。

そう胸を張って言えるほど、絵を描くことが大好きだったからです。

しかし、その私の創作意欲:絵への情熱も

「創作意欲を失う4か条」がきっかけであっけなく消えることになります。

 

(私の場合、twitterのフォロワーを増やすこと自体が実質「仕事」の一部になっていたので少し特例かもしれませんが。)

 

白森
白森

…私は元々
pixivやtwitterのフォロワー数やいいねなど
一切気にしない人間でした。

 

しかし!

職としてのイラストレーター・漫画家を目指し始めると、

「人気の出るものを描かないといけない」
「商業利益を出せる絵師にならないといけない」
「バスること・フォロワー数を増加させないと仕事がもらえない」

…と囁く謎の勢力に遭遇するワケです…

 

フォロワー数を増やさないと仕事がもらえない、だからウケ狙いの絵を描く、

でも私は天邪鬼陰キャだから、流行り物を描くのは本当は大嫌い…

嫌嫌「ウケる絵」を描いたのに評価がでない…

そして「頑張りが見えない」と言われる…

仕事もらえなくなる…

自信喪失…

絵を描くのが苦痛に…

 

 

ドキドキの(負の)スパイラル♪

(BGM:小倉唯『ドキドキラビリンス』)

 

 

白森
白森

…ファンの動向をアナリティクスで監視して…っと

白森
白森

ツイッターのトレンドに沿った絵を描いてエンゲージメント率をあげないと…

白森
白森

……どうすれば私は認められて、仕事がもらえるようになるんだろう…

 

分析を怠らず、論理的に描くものを決めないといけないと洗脳された私は、
webマーケティングの本まで買い揃えはじめました。

そしてとうとう、自分が何をしたかったのかを見失い

まじ病みメソメソ丸になってしまったのです…

 

誤解のないように補足

 

白森
白森

そうは言っても、SNS運用はWEBマーケティングで今や欠かせない存在…

 

うまく付き合えれば大きな武器になることは明白です。

『「バスること・フォロワー数増加を狙った投稿」を意識しなくても実行できる、
負のスパイラルにはまらず順調に創作を続けられるタイプの人』は、

胡散臭い白森という女が言い始めた「創作意欲を失う4か条」なんぞ気にせず
SNS運用をしていくべきだと思います。

 

「ミーハー気質・流行り物好き(≒自分の好きなジャンルが世間と一致)の陽キャ絵描き

これに当てはまる方は、むしろ積極的に「SNSウケ・フォロワー数」を意識したほうが良いかもしれません。

 

 

白森
白森

「クッ○姫」や「テ○サ姫」を嬉々として描けるタイプの人が
ここでいう「陽キャ絵描き」だよ!

 

 

…というより、

「SNSウケ・フォロワー数を意識したほうがいいよ!」と圧をかけてくる謎の集団は、
上記の『数多い陽キャ絵師たちの成功体験』(*1)を分析した結果を根拠に、そう唱えているのだと思います。

*1:完全な私の憶測ですが、近年多い「SNSで人気が出てデビューした漫画家・絵師」は陽キャタイプが多い気がする…
もちろん、めちゃめちゃ分析して「バズるもの」を意図的に描く「擬態陽キャ絵描き」さんもいらしゃるけど…尊敬しかないです…

 

「SNSでウケるものを描いてフォロワー数を増やせば、知名度が上がり人気絵師になれる」

という理にかなった:効率的な「人気絵師量産プログラム」!!

しかし、「人気絵師量産プログラム」に適応できない社会不適応絵描k

おっと…!

いわゆる私のような陰キャ絵描きが無理して陽キャ絵描きの真似をすると

創作意欲を失い……!!!

 

無念……ッ!!!!

 

補足の補足

わかりやすいように、キャッチーな「陽キャ絵描き」「陰キャ絵描き」という言葉を使いましたが、
普通の陽キャ・陰キャの定義とは異なるのでご注意を。

 

白森
白森

「好きな作品が大衆化するのは気にくわない」

「一般的じゃないジャンルが好き」

タイプのオタクだった場合、残念ながらあなたは一生陰キャ絵描きです!!!!

 

白森
白森

「自分は流行ってるアニメが好き!シーズンごとに好きな作品が変わる」

「自分の嗜好は一般受けするものだ」
タイプのオタクは永遠に陽キャ絵描きです!!
おめでとうございます!!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

自己プロデュース

読者
陰キャえかき

陰キャ絵描きだけど人気になりたいでござる…!
諦めたくないでござる…!

 

そんな諦めの悪い(褒め言葉)陰キャ絵描きのみなさんは、
自分に適した自己プロデュース方法を考えましょう。

 

SNSだけが頼りではありません。

やり方はいくらでもあるはずです!!!(多分)(私も模索中)

 

 

ちなみにこのサイトも、この日記の更新も私なりに考えた結果です。

 

これが正しい方法かは、私にもわかりません。

動画媒体…youtuberやVTuberが幅を利かせているこのご時世で、

テキスト中心のブログ運営なんて…という気もしなくはないですが

動画投稿は負担が大きすぎて学校・仕事との両立が難しいのでやめました!!(単純)

 

 

睡眠時間

 

ここまで睡眠時間について全く触れませんでしたが、

正直睡眠時間が一番大切だと思います。

 

 

 

1回おかしくなったメンタルは『元どおり』になりません。

 

人によって「○時間睡眠を○ヶ月以上は危険」というラインは違うので

私がどんな睡眠ライフを過去に送っていたのかはあえて書きませんが、

睡眠時間を削るのは、本当にやめたほうがいいです。(体験談)

 

私の場合、最底辺睡眠ライフの日々から約3年経った今現在ようやく創作意欲が回復してきたというレベルです。

 

(他にも諸々日常生活に支障が出ます。)

(集中力がガッと下がるので、学生の場合学業成績が落ちる可能性が高いです。)

(体験談)

 

 

ちゃんと寝ましょう。

 

 

スポンサーリンク

さいごに、筆者の独り言

 

※以下のお話は、「仕事」で絵を描く際のお話。

興味がない方はリターン推奨!

 


 

いままで見てきたように、結局「SNSウケを狙って病む」というのは「自分の絵に(努力相応の)評価がもらえない」ことに対してストレスを感じるからです。

 

これは、商業で絵を描く際でも同じことが言えます。

 

あたりまえですが、

 

一緒に仕事をしている相手から「評価・対価」を最低限にもらえなければ、

その相手と仕事をすることが嫌になってくる

→「仕事=絵」まで嫌になってしまう可能性が浮上してきます。

 

また、ここでの「評価・対価」は下記2点を指しています。

 

1:正当な金銭的報酬

×不明瞭または契約者にとって不利な契約・モラルに反する搾取

×「実績になるよ」と言い、安い値段で描かせる

×金銭報酬のやり取りに関する部分(メールのやり取りなど)を、頼んでも開示してもらえない。

 

2:正当な非金銭的報酬

×蔑ろにされる/平等に取り合ってもらえない

×飼い殺しにされる

 

『褒められる』という「高い評価」を「評価・対価」と表現しているわけではありません。

 

私が言及しているのはあくまで

最低限満たされるべき待遇・評価・対価

についてです。

 

本記事ではSNSの話を引き合いに出したので「評価=♡いいねという賞賛=高い評価」という図式で伝わってしまいそうですが、そういう訳ではありません。

 

「最低限の」評価・対価です

(大事なことなので二回)

 

 

SNS運営や心構えについては自分でコントロールできます。

しかし、その他現実世界・環境を自分の意のままにコントロールすることは不可能です。

 

最低限の評価すら得られない環境に身を置いている場合、いくら努力しても今後評価されることはないと考えた方が良いです。

都合よく使われ消費されるだけです。

 

※もちろん、自分はなにも努力していないのになんでも環境のせいにするのは論外です

 

どう考えても、今自分の身を置いている場所が不当だと感じたならば

その場所から離れて環境をかえるべきです。

 

 

 


 

星の数だけエンタメが転がっている、広大なこのインターネッツで待っているだけでは誰も自分の作品なんて見てくれません。

見てもらいたい・評価されたいのなら行動しましょう!!

SNSを使いこなせない陰キャ絵描きはなおさらです!!

 

陰キャだからこそ、外に出てLet's act!!!

 

 

 

このブログを読んだイラストレーター・漫画家志望の諸君が
すこしでも前向きになれることを祈ります!

 

 

アデュー!